ヒートシールコーティング

ヒートシールコーティングは、一般に溶液や水性エマルションを塗布して得られるコーティングで、2軸延伸プラスチックフィルム、金属箔、紙などにヒートシール適性を付与するために行われます。コーティング材としては、塩化ビニル-酢酸ビニル共重合体、アクリル樹脂、ニトロセルロース、塩素化PP、PVDCなどが使用されます。ヒートシールコーティングには、片面タイプと両面タイプのものがあり、両面タイプのものは、オーバーラップ(上包み)包装を行う目的に使用されています。LDPE、HDPE、CPPなどは、単体フィルムで袋包装に多用され、透明2軸延伸フィルムは、ヒートシールコーティングが施されてオーバーラップ包装に適用されています。印刷やガスバリア性が要求される袋(パウチ)包装では複合・多層化されたフィルムが使用されます。ガスバリア性を兼ね備えた印刷基材としては、PETやOPPにPVDCがコートされたフィルムなどがあります。シーラントとしては、LDPE、LLDPE、EVA、アイオノマーが一般に使用されています。また、耐熱性を要求される場合には、CPPが使われ、大型の業務包装用パウチには補強材も追加されます。この補強材としては、ONYやPETが一般的です。バーシーラーにおけるシールバーの設定温度は、基材の厚さと熱伝導率と密接に関係し、基材が厚い場合や紙などの熱伝導率の低い材料を使用した場合などはシールバーの設定温度を高くする必要が出てきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です