食べきりサイズの包装にこだわる

ナッツがこぼれないように容器メーカーと開発した新形状の容器というのは、食べきりサイズということだそうです。つまみやすい角度という機能性にも気を付けたそうです。会社のデスクや家庭のテーブルにも馴染むというデザインを考えたそうです。半球形に適度な傾斜をつけた容器になったそうです。大きさとしては手のひらサイズ。それと同時に羽を模したという小さな手で相手に差し出すような形にしたそうです。光沢感というのもポイントで、カップのシールのフィルムに模様をいれたそうです。各パックの内容量は20グラム前後となるそうです。毎日ナッツを食べてもらうということで、内側の両側面には一日目から5日目というようなカウントを表記したりしたそうです。食べ忘れも防げるということだそうです。開封前の蓋の役割になっているフラップはミシン目で切り離すことができるそうです。メッセージが書き込める場所も作ったそうです。紙の質感というのもこだわったそうです。発売と同時に写真共有アプリケーションに公式アカウントを設定したりしたそうです。投稿を開始して、日常のさまざまなシーンに採り入れていただくための提案をしているそうです。また、ガラス瓶というのも様々な瓶詰め商品を展開して上でとても重要となってくるそうです。旬の素材を商品化できるようにするのと、フードロスをなくすための取り組みにも活躍してくれるそうです。規格外を理由に出荷できない農産物の活用するということでジャムやジュースを作り、それを瓶詰めにするということで、瓶というのがとても重要になってくるそうです。日本の新鮮な食品をガラス瓶に提供するというメッセージを世界に発信しているそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です