生活雑貨の梱包デザイン

生活雑貨の梱包デザインというのは、おしゃれで知性、そして高齢者向けのイメージというのがポイントになります。暗色で伝統を表したり、切り抜き版で楽しさを表したりしましょう。一つのやり方として鮮やかさを抑えて、暗色をベースにすることで、格調あふれる伝統感が出てきます。一方で、切り抜き写真をメインにするならば点数を多くして雑貨の本来の楽しさを表現してみましょう。写真を多用することで、華やかさを表します。雑貨の形は多種多様で変化に飛んでいます。雑貨を丁寧に撮影して、見るだけで楽しくなるようなものにします。写真を多く載せるほど、華やかなイメージを表すことができます。たとえ、渋く落ち着いた色調であっても、厳しいイメージと一緒に明るい華やかさと伝統のある豪華さも表すことができます。緻密な文字組みで上品さを表していきましょう。緻密な文字組みは雑貨のパッケージには欠かせないものです。小見出しの大きさは控えめにして、緻密なイメージにしていくと、雑貨のもつ上質な優しさを表していきます。荒削りな文字組みにすると粗雑なイメージになっていきます。価格表示の方は控えめにしましょう。雑貨の梱包デザインの基本というのは、趣味性が基調になります。なので、価格表示は決して大きくしないということ。価格は本文と近いものにし、小さな文字で控えめに表しましょう。商品の趣味性を崩さないようにします。カジュアルな華やかさをだしましょう。切り抜き写真を紙面全体にあふれるように配置していきましょう。カジュアル感がでます。明るいトーンをメインにした配色というのは、若々しく華やかなイメージを出してくれます。カジュアル感を抑えて、スタイリッシュに表現しましょう。