食品包装の進化

多種多様にわたる食品という内容物を、そのニーズに合わせた素材の選択が可能になったこと、あるいはラミネートという数種類の材料を張り合わせて高機能包材を編み出していく技術開発に負うところが大きかったのではないでしょうか。食べるという「食品」に科せられた絶対条件が食の安全という大命題でした。食品包装の歴史は、腐敗を起こす微生物との闘いとも言われるのはまさにこの点を表す名言かもしれません。今でも使われている缶詰や瓶詰が殺菌して封入することで長期保存にも耐えられる包装容器として理にかなったものだったからこそ未だ使われ続けているとも言えるでしょう。そのような従来からの容器と遜色ないまでにプラスチックをつかった包装容器の品質を高めていけるよう不断の努力が重ねられていったおかげで、今では水分の多く含まれる多水分食品でも少ない時間、低い温度で殺菌することで長期保存が可能となり多方面で使われるようになっていったと考えられます。