プラスチックのその先に

実際にプラスチック製品をリサイクル利用するには、いくつもの複雑な工程が必要とされることに加え、コスト面でも大きな負担が圧し掛かってくるようなのです。2018年以降、中国がプラスチックごみのリサイクル輸入の差し止めを行ってから、世界各国でリサイクルされるべきはずの廃棄されたプラスチックごみが行き場を失ったと各メディアでの報道がありました。このようなニュース配信を受けてから、実際に皆さんの暮らしのなかのゴミ対策などは変化がみられましたでしょうか。現在のところ日本国内でのプラスチックごみの処理方法は、焼却されることで熱利用されているといったような報告がなされております。石油を原料とするプラスチックが焼却されるということは、多くの二酸化炭素を排出しすることとなるのです。特に、日本は日用品におけるプラスチック包装などが過剰であるとも指摘されております。暮らしのなかの1つひとつの行動を見詰めなおすことから「温室効果ガス」「温暖化」などの本質的な姿が見えてくるかもしれませんね。