いろいろな用途の紙容器包装

バッグインカートンの液体紙容器というのは、積層紙を屋根型、レンガ型、ストレート型、カップ型に成型します。浸透性が低い低温流通の液体容器は、通常3層構成です。廃棄すると、層の間を剥がして、紙に再生します。高浸透性の常温流通品は5層から6層です。酸素や光線の遮断性があります。ストレート型は紙管のことですが、平巻きでは接着は折返しシール形式です。ほかにもスパイラルに巻いた紙管もあります。これはお茶の缶に使用されます。紙袋は、ファーストフード用の小袋、手付き買い物袋、重量用大袋があります。多く使われるのは、ファースト用の小袋や手付き買い物袋です。折り畳み箱は、中舟式箱が、キャラメル、タバコ箱用です。一重式箱は一般型で洗剤箱など汎用。トレイで、冷凍食品など、蓋付きヒンジ箱はケーキ箱、その他は菓子、スナックなどです。組立箱はロック式箱で菓子、ボトルキャリア、組立箱で菓子、ボトルキャリアです。貼り箱は丸形、角型、丸筒型があり、化粧箱、茶缶、高級酒などです。特殊箱は、きゃりーディスプレー箱でビール缶や陳列効果を持った箱っです。紙カップは蓋なしの飲料用紙カップです。加工紙トレイは調理食品に使用してます。複合箱はカートン、段ボールで、飲料類、酒類、工業用品などです。液体紙容器は、レンガ型、屋根型、ストレート型などです。カップ容器はプリン、デザートなどです。紙管は平巻き紙管は液体、粘体などです。スパイラル巻紙缶はお茶、菓子などです。紙袋には中・小袋があり、取っ手付き買い物袋などです。大袋はセメントや農産物です。紙は立体で積み重ねができますし、いろんな形状の紙容器ができます。包装として水に強い紙容器が拡大しています。