イージーピールフィルムについて

食品包装に求められるのは、内容物となる食品の変質や変色を防ぎ、その食品がもつ風味や香りを如何に長く維持できるかが決め手と思われていますが、昨今は裏腹にいかに包装を簡単に破って中身が取り出せるかが重要なキーワードとなっているようです。これは易開封(いかいふう)技術と呼ばれています。プラスチック包装が始まった当初は、包装袋がなかなか破けず、やむなくはさみで開封というのが当たりまえでした。そのうち包装材が進化していくにつれ、逆に簡単に開封できる要求が高まっていったのです。この易開封技術の応用されたものとして「イージーピールフィルム」というものがあります。よくデザート食品でカップ状の蓋を開けるのに苦労したことはありませんか。このようなシールされた蓋が簡単に開けられるようにする技術が易剥離包装と呼ばれるもので、使用されているのが前述のフィルムです。種明かしをすればシールの強度を弱くしている、という事ですが実現させるとなるとなかなか大変だったようです。