スーパーで販売する商品の包装

1987年の予測として、生活者が無店舗販売、コンビニ、スーパーを使い分ける。その結果、現在のスーパーは、経済性を考えてまとめ買いに重点を置く超大型スーパーへ変貌するといったことに関しては、当時は実現するのは難しいとしています。生活者の好みの多様化、核家族化、人口密度の高さ、そして身近なコンビニの立地などを考えると、欧米のようなハイパーマーケットの実現には疑問を呈しています。スーパーマーケットで販売される加工食品については、経済性を重視した特徴あるのーブランド商品が広く開発されて主流となるとの予測には、実現性は低いとしています。現状のストアブランド自体が好調ともいえませんし、メーカー・ブランドとの協調で、生活者の好みにあったものを商品開発するべきとあります。現在のようにSNSに左右されることは登場してません。