パウチ化が進むベビーフード業界

ベビーフードのPlum Organics社は、日本の細川洋行のCheer Packをアメリカでベビーフードに最初に採用したところとして有名なところです。2013年にキャンベルスープ社の傘下に入りました。キャンベル・スープ社のパウチ化の一翼を担っています。ベビーフードは、ガラス瓶からパウチへの転換が最も進んだ分野といえます。スパウト付きパウチ入りベビーフードは幼児自身が自分で出先で幼児に高品質の食事と間食を食べることができる食事を与えられるという利便性が受けています。多忙で仕事と家族との時間のバランスに気を使うミレニアルズ世代の親たちに特に人気で、わずか6年間の間にこの分野の主流製品となりました。開けやすさや幼児の誤飲防止のために、スパウトキャップの外径はほぼ32mmの大きさにしています。