ミレニアルズ世代の買い物の多様化

ミレニアルズ世代はかつてないほど多様化しています。そして即時性を求めていると言われています。価格に敏感で、素材にもとてもこだわります。

そして価格はできるだけ安いもので、価格では測れない価値があること。可能な限り安い価格で購入することに関心が向いてます。ブランドで買うということはほとんどありません。ベビーブーマー世代に比べると、大手量販店や会員制ストア、ドラッグストア、コンビニでより多く買い物をしています。

日本は世界で最初の高齢化社会と言われています。消費者は、若年層と高齢層に二分されるとも言われています。

しかし、日本で見られる包装は、ベビーブーマー世代より上、高齢者向けを意識したものが多く見受けられます。さらに子どもたちが目にするであろう社会的環境の変化や技術の進歩にも目を向けなければなりません。