パウチの普及で商品陳列に変化

パウチという新しい包装形態は、保管、箱出し、陳列、といったこともかえていってます。小売業の立場としても、これらの作業が少なることで、もっと多くの時間を顧客サービスに使えるということで歓迎しています。棚では価格設定も大事ですが、使いやすいということがすぐ分かるように陳列しなければなりません。パウチという形態の良さを顧客にも判ってもらわなければ意味がないということです。現在、コマーシャルなどで、パウチにしてレンジ料理をすれば、ガスや電気でお湯を沸かするよりも脱温暖化になるとアナウンスするようになりました。こうした環境への配慮を顧客に知ってもらう努力をするのも大事です。ヨーロッパではごく一般的になっているシェルフレディパッケージですが、日本やアメリカでも本格的に導入するようになってきたようです。