環境にやさしいバイオマスプラスチック

昨今環境にやさしい包装材として注目を集めているのが「バイオマスプラスチック容器」と呼ばれるもので、原料としてトウモロコシなどの天然素材が使用されているものです。

ここでバイオマスという言葉は、バイオ(bio-)という「生物の」とマス(mass)という「質量」とをつなぎ合わせたもので、一般的に動植物に由来した有機性資源の総称とされています。

バイオマスプラスチックは、燃やすことでCO2が出ても原料となる動植物がCO2を吸収して生きてきたことから、トータル的にCO2の増減に影響を及ぼさない材料として「環境にやさしい」材料とされるものです。

バイオマスプラスチック容器を使ったものとして、カットしたフルーツなどを入れたパック、鶏卵のパックなどに徐々に使われはじめています。