野菜に最適な防曇袋

野菜を大切に育てて、販売する場合、野菜を入れる袋にも気を遣わなければなりません。どんな袋でもいいというわけではないのです。

野菜をいれる袋選びで一番重要なのが、曇らないということです。せっかく大切に育てた野菜も曇ってしまうと、見栄えも悪く、腐りやすく、色が変化してしまうことがあります。これを解決するのが、防曇袋です。

防曇袋が曇らないのは、界面活性剤が含まれているからです。採れたての状態を維持するために防曇袋は必須なのです。

防曇袋にも種類があります。穴あきと穴なしです。それぞれに適した野菜がありますので、ご紹介します。穴あきがいいのは、トマト、キュウリ、タマネギ、じゃがいもなどです。

穴なしがいいのは、しいたけ、しめじ、カット野菜などです。新鮮な野菜を見栄え良く、色も良い状態で売られていると消費者は買いたいという気持ちになります。