パルプモールドのメリット

紙を原料としているパルプモールドには、さまざまなメリットがあります。大きな部分では、やはり環境に優しいという部分です。そもそも古紙を再利用できているという事はもちろん、パルプモールド自体が溶かして新たなパルプモールドとして利用できるのです。紙という素材も微生物に分解されますので、自然に還すことができます。材質自体も、紙という素材からさまざまな形に加工がしやすく、扱いやすい素材と言えます。また梱包材に使われることから分かる通り、優れたクッション性・柔軟性を持っています。安価に品物を守れる、優秀な梱包材です。紙と言えば水に弱いという印象もありますが、あらかじめ撥水加工がされているものも存在するそうです。ただし、発泡スチロールなどよりも重く、想定外の方向からの衝撃が加わると割れなどが発生しやすいというデメリットもあります。