換算係数・ar WLF式について

参考の式:WLF式 log10 ar=-c1(T-Ts)/(c2+T-Ts)。液体の分子たちのように隙間が少ないそうです。詰め合い状態で、分子または高分子の運動単位であるセグメントなどが熱運動によって、近くの隙間に飛び込むそうです。そして前の場所を近くの分子またはセグメントに譲るそうです。こうして次々にお互いに場所を譲っていくことで、全体の流動の運動が起こります。その時に、分子が運動するエネルギーは、物体の温度を保つように、外界から供給される熱によっているものだそうです。このような熱だけでの運動をエントロピー的といいます。このような分子のあり方は、ガラス転移温度より高温のミクロブラウン運動の活発な鎖状高分子のゴム弾性や、鎖状高分子の滑りあいによっておこる粘性流動の激しい状態に対応しています。