admin

環境にやさしいバイオマスプラスチック Uncategorized

環境にやさしいバイオマスプラスチック

昨今環境にやさしい包装材として注目を集めているのが「バイオマスプラスチック容器」と呼ばれるもので、原料としてトウモロコシなどの天然素材が使用されているものです。 ここでバイオマスという言葉は、バイオ(bio-)という「生物の」とマス(mass)という「質量」とをつなぎ合わせたもので、一般的に動植物に…
容器包装のポジティブリスト制度について Uncategorized

容器包装のポジティブリスト制度について

2018年食品衛生法の改正が行われました。そこで注目したいのは容器包装に関するポジティブリスト制度の制定なんです。従来ネガティブリストの制定がなされていたのです。危険な物質を含む食品用器具・食品包装の使用を禁止するものでリストにない物質の容器包装ならば、なんでも使っていいものという解釈がなされてたん…
ギフトパッケージ用の包装資材について Uncategorized

ギフトパッケージ用の包装資材について

ギフトパッケージ用の包装資材は、誰かへの贈り物を包むためにとても便利で、欠かせない存在です。個人で用意した贈り物を包むために、あるいはギフトを取り扱う店舗で使用されることが多く、その種類は多岐にわたります。透明の箱や紙箱、袋タイプなどさまざまな種類があり、ラッピング用のアクセサリーもあります。デザイ…
パウチの普及で商品陳列に変化 Uncategorized

パウチの普及で商品陳列に変化

パウチという新しい包装形態は、保管、箱出し、陳列、といったこともかえていってます。小売業の立場としても、これらの作業が少なることで、もっと多くの時間を顧客サービスに使えるということで歓迎しています。棚では価格設定も大事ですが、使いやすいということがすぐ分かるように陳列しなければなりません。パウチとい…
温度管理用センサー付きラベル Uncategorized

温度管理用センサー付きラベル

温度、時間経過指示ラベルは、通常の感熱ラベル上に、ラベル貼付直前に温度に敏感な特殊薬品を塗布するものです。従来のラベラーに薬剤用タンクと塗布装置を追加するだけで済みます。温度上昇によって薬剤が融解して液状となり感熱紙に浸透するに伴ってバーコードの印字を消滅させる仕組み。また期限切れ自動表示パッケージ…
ミレニアルズ世代の買い物の多様化 Uncategorized

ミレニアルズ世代の買い物の多様化

ミレニアルズ世代はかつてないほど多様化しています。そして即時性を求めていると言われています。価格に敏感で、素材にもとてもこだわります。 そして価格はできるだけ安いもので、価格では測れない価値があること。可能な限り安い価格で購入することに関心が向いてます。ブランドで買うということはほとんどありません。…
包装の近未来とプラスチック包装 Uncategorized

包装の近未来とプラスチック包装

日本でプラスチック容器をリサイクルすると、使用済み容器包装について、毎年200万トンもの再生原料が必要となります。その一方で、その分だけ樹脂メーカーによる新原料の生産が不要となる事態が想定されます。電気や水素自動車の普及やガソリン車の禁止、さらに再生エネルギーへの転換と、石油需要が2030〜2040…
包装材料のリサイクル目標とは Uncategorized

包装材料のリサイクル目標とは

欧州会議がすでにプラスチック包装の材料リサイクル目標を引き上げています。さらにそれに対応してスイスのダボスでの世界経済フォーラムでエレンマッカーサー財団が2025年までに使用するすべての包装を、再利用、リサイクルまたはコンポスト可能とすることを目指している企業が11社に達したことを発表していまう。リ…
PET代替の植物由来樹脂と包装 Uncategorized

PET代替の植物由来樹脂と包装

PET樹脂の全世界の需要は、繊維、電子材料、飲料や日用品のボトルを合わせると年間5000万トンにも達すると言われています。石油由来樹脂の中でオレフィン系樹脂に次ぐ量です。 しかし、これを100%植物由来のPETで代替するプロジェクトの方は、オランダのバイオプラスチック開発メーカーの方が先行しています…
パウチ化が進むベビーフード業界 Uncategorized

パウチ化が進むベビーフード業界

ベビーフードのPlum Organics社は、日本の細川洋行のCheer Packをアメリカでベビーフードに最初に採用したところとして有名なところです。2013年にキャンベルスープ社の傘下に入りました。キャンベル・スープ社のパウチ化の一翼を担っています。ベビーフードは、ガラス瓶からパウチへの転換が最…