admin

イージーピールフィルムについて Uncategorized

イージーピールフィルムについて

食品包装に求められるのは、内容物となる食品の変質や変色を防ぎ、その食品がもつ風味や香りを如何に長く維持できるかが決め手と思われていますが、昨今は裏腹にいかに包装を簡単に破って中身が取り出せるかが重要なキーワードとなっているようです。これは易開封(いかいふう)技術と呼ばれています。プラスチック包装が始…
いろいろな用途の紙容器包装 Uncategorized

いろいろな用途の紙容器包装

バッグインカートンの液体紙容器というのは、積層紙を屋根型、レンガ型、ストレート型、カップ型に成型します。浸透性が低い低温流通の液体容器は、通常3層構成です。廃棄すると、層の間を剥がして、紙に再生します。高浸透性の常温流通品は5層から6層です。酸素や光線の遮断性があります。ストレート型は紙管のことです…
プラスチックのその先に Uncategorized

プラスチックのその先に

実際にプラスチック製品をリサイクル利用するには、いくつもの複雑な工程が必要とされることに加え、コスト面でも大きな負担が圧し掛かってくるようなのです。2018年以降、中国がプラスチックごみのリサイクル輸入の差し止めを行ってから、世界各国でリサイクルされるべきはずの廃棄されたプラスチックごみが行き場を失…
食品包装の進化 Uncategorized

食品包装の進化

多種多様にわたる食品という内容物を、そのニーズに合わせた素材の選択が可能になったこと、あるいはラミネートという数種類の材料を張り合わせて高機能包材を編み出していく技術開発に負うところが大きかったのではないでしょうか。食べるという「食品」に科せられた絶対条件が食の安全という大命題でした。食品包装の歴史…
プラスチック製品のゴミ問題を考えてみよう Uncategorized

プラスチック製品のゴミ問題を考えてみよう

昨今、世界中の インスタグラマー などからプラスチックゴミ問題における環境汚染の状況などが配信されておりますが、皆さんも鳥類やお魚のおなかの中から、色とりどりのプラスチック製品の破片が取り出されるような、動画や画像を目にしたことがあるのではないでしょうか。2020年7月1日より日本でもプラスチック製…
「使い捨て」資源の循環を考える Uncategorized

「使い捨て」資源の循環を考える

世界の近代化とともにうまれた大量生産が、人々の心のなかに「使い捨て」の精神を産み落としていったようです。20世紀における資源の浪費が、21世紀の私たちの生活のなかに「温暖化」「酸性雨」「プラスチックごみ問題」などとして、見返りを受けているように感じています。地球上の貴重な資源である化石燃料の浪費は、…
包装と紙袋 Uncategorized

包装と紙袋

日本では1965年代から日常的に使われはじめた「紙袋」の登場によって、その姿を消してしまった「風呂敷」は、人々の生活には欠かすことのできない実用品でありました。最近の若い世代の方々にとって「風呂敷」は、贈答品や特別なものを包む道具というようなイメージを持たれている方も少なくないかもしれませんが、「風…
縄文式土器ってなにに使われていたの? Uncategorized

縄文式土器ってなにに使われていたの?

近頃、日本の縄文時代と縄文式土器 が 注目されているのはご存じでしょうか? 2百万年前から1万1千年前まで更新世地表の大部分を氷河が覆った時代氷河時代が終るとともに、石器を主な道具としていた旧石器時代は終り、紀元前 1万3000年頃から縄文時代が始まりました。この時代の日本は、急速な気温の上昇が進ん…
生活雑貨の梱包デザイン Uncategorized

生活雑貨の梱包デザイン

生活雑貨の梱包デザインというのは、おしゃれで知性、そして高齢者向けのイメージというのがポイントになります。暗色で伝統を表したり、切り抜き版で楽しさを表したりしましょう。一つのやり方として鮮やかさを抑えて、暗色をベースにすることで、格調あふれる伝統感が出てきます。一方で、切り抜き写真をメインにするなら…
店頭の姿をイメージする Uncategorized

店頭の姿をイメージする

商品の売上を向上させるのに、企業のイメージを上げるという方法もあります。インスタグラマーなどを使って商品をほめてもらって売上を伸ばすという方法もありますし、逆に経済犯罪などで企業のトップが逮捕やスキャンダルを起こしてしまうと、企業イメージも下がって商品の売上も下がってしまいます。商品包装のデザインの…