Uncategorized

包装材料のリサイクル目標とは Uncategorized

包装材料のリサイクル目標とは

欧州会議がすでにプラスチック包装の材料リサイクル目標を引き上げています。さらにそれに対応してスイスのダボスでの世界経済フォーラムでエレンマッカーサー財団が2025年までに使用するすべての包装を、再利用、リサイクルまたはコンポスト可能とすることを目指している企業が11社に達したことを発表していまう。リ…
PET代替の植物由来樹脂と包装 Uncategorized

PET代替の植物由来樹脂と包装

PET樹脂の全世界の需要は、繊維、電子材料、飲料や日用品のボトルを合わせると年間5000万トンにも達すると言われています。石油由来樹脂の中でオレフィン系樹脂に次ぐ量です。 しかし、これを100%植物由来のPETで代替するプロジェクトの方は、オランダのバイオプラスチック開発メーカーの方が先行しています…
パウチ化が進むベビーフード業界 Uncategorized

パウチ化が進むベビーフード業界

ベビーフードのPlum Organics社は、日本の細川洋行のCheer Packをアメリカでベビーフードに最初に採用したところとして有名なところです。2013年にキャンベルスープ社の傘下に入りました。キャンベル・スープ社のパウチ化の一翼を担っています。ベビーフードは、ガラス瓶からパウチへの転換が最…
スーパーで販売する商品の包装 Uncategorized

スーパーで販売する商品の包装

1987年の予測として、生活者が無店舗販売、コンビニ、スーパーを使い分ける。その結果、現在のスーパーは、経済性を考えてまとめ買いに重点を置く超大型スーパーへ変貌するといったことに関しては、当時は実現するのは難しいとしています。生活者の好みの多様化、核家族化、人口密度の高さ、そして身近なコンビニの立地…
わらをパルプと世界市場を考える Uncategorized

わらをパルプと世界市場を考える

YXY技術を活用するパッケージ企業も増えています。また、紙、板紙系包装材料のほとんどは木質系の繊維に依存しています。一時間以内に用済みとなる使い捨ての飲料用紙カップや紙皿など、一年も経たないうちに用済みに成る食品、非食品の包装材料は木質系繊維を使っています。長い年月にかけて成長した木質系繊維ですが、…
パッケージ分野の主流は軟包装へ Uncategorized

パッケージ分野の主流は軟包装へ

2013年6月に開催された「世界軟包装会議」でのメッセージで、パッケージ分野の軟包装パウチの持続的成長は見逃すことができない存在であると発信されました。「世界軟包装会議」はこのとき16回目を数えていて、参加人数は世界中から500人を超え、75社の展示がありました。会場は熱気で溢れ、その顔ぶれも原材料…
横ピロー包装 Uncategorized

横ピロー包装

横型ピロー包装は、筒状に内容物を包み込みながら、胴部をシールします。それから両端をシールするという上包み方式となります。内容物として、即席ラーメン、細長いスナック菓子、パスタといった折れやすく壊れやすい商品でも、横の方向にガードをしながら、運んで包装するので、キレイに包装をすることができます。 通常…
風呂敷にみる心の伝え方 Uncategorized

風呂敷にみる心の伝え方

2020年7月1日レジ袋の有料化にともないその存在価値が見直されはじめた日本の伝統製品でもある「風呂敷」は、あらゆるモノを「運び」やすくすることで、長い日本の歴史のなかで実用的に幅広い場面で活用されてきました。実際に風呂敷を使ってみると、古風なイメージのなかにも現代に通じるユーザービリティがみつかる…
イージーピールフィルムについて Uncategorized

イージーピールフィルムについて

食品包装に求められるのは、内容物となる食品の変質や変色を防ぎ、その食品がもつ風味や香りを如何に長く維持できるかが決め手と思われていますが、昨今は裏腹にいかに包装を簡単に破って中身が取り出せるかが重要なキーワードとなっているようです。これは易開封(いかいふう)技術と呼ばれています。プラスチック包装が始…
いろいろな用途の紙容器包装 Uncategorized

いろいろな用途の紙容器包装

バッグインカートンの液体紙容器というのは、積層紙を屋根型、レンガ型、ストレート型、カップ型に成型します。浸透性が低い低温流通の液体容器は、通常3層構成です。廃棄すると、層の間を剥がして、紙に再生します。高浸透性の常温流通品は5層から6層です。酸素や光線の遮断性があります。ストレート型は紙管のことです…